Flow

初回のお打ち合わせ
これまでに設計をした建物や写真、模型などの資料を実際に見ていただくため、基本的にお打ち合わせは当事務所(松阪市)へお越しいただいております。メール又は電話にて、お気軽にお問合せください。
設計に関わる費用、流れ、期間など、ご不明の点についても詳しくご説明いたします。お気軽にご相談ください。
その際、測量図や写真等がございましたらお持ちください。また、建替えの場合は、既存家屋の資料等もお持ちください。
※初回のお打合わせの費用は不要です。
※敷地が決まっていなくても大丈夫です。
基本スケッチ~基本設計
ご要望を詳細に伺い基本スケッチを始めます。
まずは基本的な間取りを考えるために、基本設計図とスケッチ、CG、模型によるご提案を行います。※初回プランご提案の費用は不要です。
※初回のご提案後、今後打合せを進めていただける場合、設計申し込みをしていただきます。
(お申込金として、20万円いただいております。成約時は設計費として充当されます。)
※初回のご提案後のプラン変更も可能です。大まかなプランが決まりましたら、実際の使い方などをイメージしていただき、詳細な打ち合わせを行います。プランがまとまった段階で概算を行います。プラン・概算に同意が得られた場合、設計監理契約を結び、実施設計にうつります。
基本設計の期間は規模によりますが約3~4ヶ月です。
実施設計に入る前の大切な段階のため、期間は長めに頂いております。

実施設計
基本設計のプランをもとに、見積りや実際に建物をつくるための詳細図面を作成します。実施設計の期間は約3~4ヶ月です。(月1~2回の打合せを行います。)
見積調整・確認申請
実施設計図の内容をご確認いただき、承認後、施工会社へ見積り依頼を行います。
通常は複数の施工会社に見積りを依頼し、図面に即した見積内容か比較確認し、不当な見積もりをなくし、適正な価格で建築できるように施工会社の選定を行います。
同時にご予算に合わせて、再度設計内容を検討しながら予算調整をしていきます。
この段階で、確認申請の手続きも進めます。
規模や金額によっては弊社での施工を承っています。
工事監理
建主様と施工会社で工事請負契約を結んでいただき、着工します。
工事期間は規模や構造によりますが、戸建住宅の場合は約6~8ヶ月です(その他の建物の場合は用途などによっても異なりますので、ご相談ください)。
工事期間中は、定期的に現場に出向き、図面と工事内容が整合しているか監理を行います。
(定例会議の実施、各工事の検査立合い、建主様と定期的に現場打合せ)
※工事監理:ハウスメーカーや工務店は自社で工事の監理を行います。設計事務所で設計した場合
は、設計事務所が第三者的に公平な視点で工事監理を行います。施工会社による工事の手抜きや
間違いを指摘し、建物の品質を保つことが可能になります。
施工
役所や民間の検査機関、事務所、建主様の検査を経てお引渡しとなります。
通常、基本設計から竣工までにかかる期間は15~16ヶ月後程度です。

アフターについて

原田建築設計舎ではお引渡しをして終わりではありません、定期的にご訪問し、家の状態を確認したり、メンテナンスの方法をお伝えてしていきます。

年間の棟数について

原田建築設計舎では一棟一棟を丁寧に進めていきます。その為、年間にお受けできる棟数は3棟までとさせていただいております。

設計監理料について

設計監理料は一般的な住宅の場合、建築工事費の5~8%を目安としてください。
・建築物の規模や用途などによって異なりますので、目安としてお考えください。
・構造計算料は別途となります。
・検査機関へ支払う確認申請費は実費となります。
・遠方からのご依頼の場合は、交通費を別途実費で頂いております。
よくあるご質問
・設計事務所は設計費用がかかるのでハウスメーカーや工務店より高い?
A.ハウスメーカーや工務店によっては、設計料はかかりませんとうたっている場合がありますが、
建築は設計者なしでつくることはできません。何らかのかたちで工事費用に含まれています。
ハウスメーカーや一部工務店の場合、設計料だけでなく、広告、会社維持費用、営業費用、
モデルハウス建設費用、イベント費用などが含まれています。会社により異なりますが、工事費用の30~40%が利益と言われています。(一般的な施工のみの会社は20%が利益と言われています。)